クール宅急便はコンビニから発送できる?

https://olive53.com

小さな暮らし

クール宅急便の持ち込み【コンビニから発送できる?】

セブンイレブンとファミリーマートで、ヤマト運輸の荷物の発送と受け取りができて便利ですが、すべての荷物を受け取ったり発送できたりするわけではないんです!

悩める子

冷蔵や冷凍の荷物をコンビニから発送したいんだけど、できる?

コンビニから発送できる荷物は常温のものだけ

冷蔵・冷凍は発送も受取もできないんです!

オリーブ50代主婦

冷蔵・冷凍のクール宅急便はヤマト運輸の営業所(センター)に持ち込むか、集荷に来てもらうの2

クール宅急便の持ち込み先について説明します!

冷蔵・冷凍の違い、それぞれの梱包の仕方、段ボールについてはこちら⇩

⇒【クール宅急便冷凍の送り方】梱包の注意点と知っておきたい事とは?

保管期限、再配達などクール便が受け取れなかった場合はこちら⇩

⇒クール宅急便が受け取れない!保管期間は?期限を過ぎるとどうなる?

クール宅急便はコンビニでは発送できない

コンビニ

コンビニから冷蔵・冷凍の荷物を発送することはできません。

コンビニで受け付けた荷物は、宅配業者の方が集荷に来るまではコンビニで保管されます。

コンビニには預かった荷物を保管するための冷蔵庫や冷凍庫がありません。

もし、知らずにコンビニに冷蔵や冷凍の荷物を持ち込んで、コンビニの店員さんは常温の荷物だと勘違いして預かってしまったら…

荷物の中身がダメになってしまう可能性もあります!

オリーブ50代主婦

コンビニの店員さんは、荷受けのプロではないので気づかないこともあると思います!

ちなみにクール宅急便の他にコンビニで発送できないものがあります。それは宅急便コンパクトの着払、こちらも集荷かセンターへの持ち込みになります。

クール宅急便を発送するには?

冷凍の荷物を宅急便で送る

近くのヤマト運輸の営業所(宅急便センター)に自分で持って行くか、サービスセンターに電話をかけて自宅に集荷に来てもらうか、どちらかです。

集荷だと、家に来てもらうまで待たなけらば行けないので、待つのが嫌な人は自分でセンターへ持ち込むのがベスト。

持込割りで、荷物1個につき100円安くなってお得です!

冷蔵、冷凍、常温すべて伝票が違うので、間違えないようにしましょう。

オリーブ50代主婦

段ボールに大きくペンで【冷凍】と書いておくのも間違い防止にいいですね!

忙しいセンターだと、たくさんの人が持ち込みに来ます。自分の荷物とほかの荷物が間違ってしまうようなことを防ぐためにも自分の荷物には目印をつけておくといいですよ!

スーパーから貰ってきた段ボールを使う時の注意点は、元々冷蔵の荷物が入っていた段ボールに冷蔵の印字がされていて、自分は冷凍の荷物を送りたい。⇒こんな場合は間違いのもとです!冷蔵の表示を消すか隠すかして、業者が間違わないように配慮してあげる工夫も必要

クール宅急便のサイズ

クール宅急便のサイズ重さ
60サイズ2㎏以内
80サイズ5㎏以内
100サイズ10㎏以内
120サイズ15㎏以内
クール宅急便のサイズと重さ一覧

コンパクト専用ボックスに入る小さいサイズのものは、普通の宅急便で送るよりも安く送れて便利です。

ですが、宅急便コンパクトはクール宅急便として送ることは出来ません

クール宅急便は上記の一覧表のサイズになります。

段ボールのサイズ(縦、横、高さ、三辺の合計)が60サイズだとしても、重さが10kgであればサイズは100サイズになります。

クール宅急便の発送方法、箱や入れ物は何がいい?

梱包に関してはこちらの記事に詳しくまとめてありますので読んでみてください。

クール宅急便の発送方法
参考【クール宅急便冷凍の送り方】梱包の注意点と知っておきたい事とは?

続きを見る

冷凍で送れるおかず
参考【仕送りご飯】冷凍で送るおかずレシピ|娘・息子に喜んで欲しい!

続きを見る

クール宅急便はコンビニに持ち込みできない:まとめ

  • クール宅急便はコンビニから発送できない
  • 宅急便センターに持ち込むか、集荷に来てもらう
  • 宅急便コンパクトではクール宅急便は送れない
  • クール宅急便を送る場合は受取人に連絡してからが良い
オリーブ50代主婦

宅配便、特にクール便には注意点が色々ありますが、冷凍や冷蔵の荷物が送れるってすごい便利で助かってます!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

olive

50代子供2人が巣立ち夫と2人暮らし・ブログではお金、節約、仕事、趣味、旅行、子育て、おしゃれ、夫婦の事について発信・扶養内でパート勤務・時々WEBライター・更年期真っ只中・動機と不安感に悩まされていて、気分は上がったり下がったりの毎日 詳しいプロフィールはこちら

-小さな暮らし