古いキッチンを自分でリフォーム

当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています。

古い家DIY

古いキッチンを自分でリフォーム1.DIYでどこまでおしゃれにできる?

築40年以上の夫の実家が空き家になったのでリフォームすることにしました。

最初に取り掛かったのが、The昭和のキッチン!

ずっと空き家だったわけではなく直前まで人が住んでいたものの、メンテナンスは最低限しかされていなかったので、ボロボロの状態

電気関係、水栓関係以外は私と、時々夫も参加してのセルフリフォームで綺麗な状態に仕上げていきます!キッチンに仕上がりました!

DIYで新品のようになったキッチンのビフォーアフターはこちらの記事で詳しく紹介しています⇩

古いキッチンを自分でリフォーム完成ビフォーアフター!昭和から海外風に

目指すイメージは北欧ジャパンディ、海外風のおしゃれなキッチン

使う色は、白、くすみベージュ、ゴールド、白木、黒

記事を読むと分かること

  • 業者に頼む作業
  • キッチン内の場所別のDIYプラン

築40年以上の戸建て、部屋の数は9つ

一度もリフォームしていなくて、雨漏りなどの心配もあるので修繕にはかなりの費用がかかる予定

なので、キッチンだけにお金はかけられません

自分達でできるところは自力でやっていくことに決めました。

まだ住めるような状態ではないのですが、リフォームが終わったら自分達が住む予定

お金はかけられませんが、知恵と時間を使って納得いくインテリアにしていきます。

オリーブ50代主婦

古いキッチンの画像と場所ごとのDIYプランを紹介します。

業者に依頼してやって貰う部分は材料費と工事代金を載せましたので参考にしてみてください。


古いキッチンの全貌

築40年以上の古いキッチン
築40年以上の古いキッチン

画像で見る限りそこまでは汚くないですが…

ボロボロの換気扇
ボロボロの換気扇周り

新築当時からあると思われる換気扇(まだ動くことが凄い)

お掃除業者さんに見積を頼んだら、古すぎて(何かあっても保証できないのでと)断られました(^-^;

ステンレス部分はあちこち黒サビだらけ
ステンレスはあちこち黒錆だらけ
ステンレスの黒サビ
ステンレスの汚れ

掃除だけでは取り除けない汚れ

新築当時からある古い照明
昭和風味の照明

照明を変えるだけでも雰囲気変わりそう(^-^;

天井も壁も40年以上の油汚れとシミと黄ばみ…

オリーブ50代主婦

天井と壁を変えたらかなり綺麗になりそう!

古いキッチンのリフォームで業者に依頼する部分

業者に依頼するのは2か所

  • 換気扇の交換
  • 水道の水栓(レバー)交換
古い水道レバー
古い水道レバー

水道の蛇口をシングルの混合水栓に変更

⇩コレに替えて貰います!

ボロボロの換気扇
40年以上前の換気扇

換気扇は⇩コレに替えて貰います!

ホントは、ネットで買って自分で取り付ければ費用は1/3ほどに抑えられると思いますが、苦手分野なので仕方ありません。

材料と処分費、取り換え工事で10万円弱の見積です。

うちはキッチンだけでなく、お風呂や屋根など他の箇所の工事もあるので、同じメーカーさんにまとめてお願いしたのですが、取り換え工事だけ(ネットで自分で材料を購入)やってくれる業者さんがいれば、そっちの方がお得にできるかと思います!

古いキッチンのセルフリフォームプラン

壁、天井、床、収納の扉、これらが綺麗になればかなり見違えると思います。

ペンキ、リメイクシート、クッションフロアを使ってどこまでオシャレなキッチンにできるかチャレンジ!

リフォームプランと材料はどんなものを使うか紹介します。

天井と壁はペンキ塗り

古いキッチンの天井
キッチンの天井と壁

天井も壁もパネルみたいなのが貼ってあります。

スキマがあるので埋めていかないと、塗装するにも、壁紙を貼るにも仕上がりが綺麗にならない。

どちらにしても、スキマを埋めるのが面倒な作業になります。

DIYプランは、白のペンキを塗ります!

天井と壁の間の茶色い木部も白にしたいので、ペンキでいっきに塗るのが一番良さそうです。

追記:壁は簡単に白くペイント出来ましたが、天井の壁はペンキを塗ったら一部剥がれてきて大変な思いをしました。詳しくはこちらの記事で⇩

古いキッチンを自分でリフォーム2.天井ペンキ塗り失敗剥がれた時の対処法

床クッションフロア

築40年以上のキッチンの床
昭和のキッチンの床

クッションフロアが貼ってあります。

レトロと言えばレトロ、古臭いと言えば古臭い(^-^;

色も変色していて汚い…

DIYプランは新しいクッションフロアに張り替え

⇩このモルタル柄が素敵だなと思っているのですが、うちの旦那は嫌いな雰囲気なので、却下される可能性も(^-^;

いずれも白~グレーっぽい色にする予定です。

実際に使ったのはこちら⇩の目地のある大理石柄、マットな質感で白い壁と天井によく合います♪これにして正解でした!


キッチン扉リメイク

新築当時からある古い照明と吊戸棚
吊戸棚
シンク下の収納
シンク下の収納

シンク下と吊戸棚の扉はなぜか違う色。

どちらも扉を変えたり、リメイクすると結構大変そう

DIYプランは、吊戸棚は扉を外して見せる収納に変更、シンク下はナチュラルな扉にリメイク

具体的には、吊戸棚は扉を外した後は、くすみカラーのペンキで塗装

シンク下は、薄い工作用の板とラタンシートでリメイク

イメージとしてはこんな感じ⇩

DIY用のラタンシートと言うのが売ってます♪

追記:キッチンの扉をリメイクシートを使って綺麗にしました。当初のプランとは違ってしまいましたが、簡単で見栄えよくできたので、これはこれで良かったです!詳しくはこちらの記事で⇩

古いキッチンの扉がリメイクシートで新品みたいに!貼りやすいおすすめを紹介

吊り戸棚は最初のプラン通り扉を撤去して、ミルクティのようなベージュのペンキを塗りました。詳し記事はこちら⇩

キッチン吊戸棚をリメイク!扉を撤去ニュアンスカラーでペイントして見せる収納

ステンレスはリメイクシート

黒錆だらけのステンレス
錆が取れないステンレス

ステンレス部分はかなり汚いので、白の防水用のリメイクシートを貼ってから、水回り用のコーキング材でコーキングします。

かなり磨いたのですが、これ以上はどうにもならず、面積も広いのでこのまま活かすのは難しい!

DIYプランは防水のリメイクシートを貼る

空気が入らないようにリメイクシートを張るのが難しそうですが追記:難しかったけど仕上がりは綺麗で大満足)、金額的にはかなり安い方法!(コスパ最高)

詳しい記事はこちら⇩

古い流し台をリメイクシートでDIY!錆びたステンレスが真っ白に変身

ステンレスに貼るリメイクシート
購入したリメイクシート

Amazonで買ったのですが、10メートル2160円とかなりコスパが良いです。ツルツルで光沢があって、透けないです!

キッチンの窓と窓枠

キッチンの窓
キッチンの窓

キッチンには、大きな窓と小さな窓と2か所あります。

キッチンの窓
小さな窓
劣化した窓枠
劣化が激しい木枠

湿気で木部もかなり汚い

白か黒かで迷いましたが、窓周りの木部も白くペイントします。

DIYプランは、木部を白くし、内窓もDIYで作り設置

オリーブ50代主婦

古い家は冷暖房も効きにくそうなので、二重窓を設置しようと思います♪

照明取り換え

新築当時からある古い照明
昭和風の照明

こちらの照明は、簡単に自分で取り換えられそうなので、ネットでおしゃれなの買おうと思います。

⇩電球が4つあるので明るさ的にも良いですし、1万円以内で買えるので⇩まずはコレが第一候補です♪追記:天井に合わせて白を購入しました、メチャ可愛いです)

古いキッチンを自分でリフォーム!プランを紹介どこまでできる:まとめ

  • 水栓と換気扇の交換は業者に依頼
  • 天井と壁はペンキで塗装
  • 床はクッションフロアを張り替え
  • 吊り戸棚は扉をなくし、本体はペンキ塗り
  • シンク下の収納扉は工作用の薄い木材とラタンシートでリメイク
  • 窓の木部はペンキで塗装し、DIYで作った窓を設置して二重窓に
  • 照明をおしゃれなライトに取り換え

ひとつひとつの詳しい工程は、リフォームが終わった場所から記事で紹介させていただきます。

オリーブ50代主婦

参考にしていただけると嬉しいです!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

olive

●50代パート主婦でwebライター
●子供が巣立ち夫婦2人暮らし☆
●日々迷いながら生きてる状態☆
●ファッション~老後のことまで
●リアルな50代の悩みを発信中☆
詳しいプロフィールはこちら

-古い家DIY
-,